サービス利用に際して

新たに支社支店などを開設する場合であれば、現在使用している各種OA機器を参考に、新たに現地調達が必要な機材を見定める事が出来ますが、ゼロからの新たな起業の場合はその限りではありません。勿論起業に際し、専門的な関連知識を十分備えておられるに違いありませんが、やはり机上の論理の部分が大きくて当然です。実際にスタッフが現物を活用して業務を遂行する場合、シミュレーション通りとはならない可能性が否めません。

業者最終的にどの業者のレンタルサービスを活用するのか、候補先となった各業者との意思疎通を重ねる中、こうした疑問点に対し、的確なアドバイスを届けてくれる担当者との出会いが「決め手」となるケースは少なくありません。無用な機能満載の上級機種、あるいは出番が見当たらない機材までも、言葉巧みにパックしてリストアップしてくる業者とは、中長期的に良好な関係を構築する事は叶いません。顧客であるエンドユーザーの安心と満足を第一に考えてくれる業者であれば、必要に応じてのレンタル機種のグレードアップ、あるいは予期せぬトラブル発生時の対処など、アフターケアの部分に対する安心感が違います。購入が「点」であれば、レンタルは「線」の取引だからこそ、中長期的な展開を視野に入れてのサービス利用が大切です。

レンタルのメリット

OA機器新たに事業所を開設するに際し、数々のOA機器の常備が欠かせず、業務内容次第では高額な初期投資が欠かせません。事業計画立案からのシミュレーション作業に際しても、これらに必要な具体的な金額の算出からの減価償却資産は必須で、時に経営上の大きなネックとなるケースも珍しくありません。特に世の中がインターネット社会となって以来、OA機器が担う役割とその重要性は増す一方であり、同時に世の中の急速な変化と進化が続く中、買い揃えた機器がニーズに追いつかない展開も見過ごせません。

こうした市場環境を視野に入れる時、必要なOA機器を買い揃える調達方法が、必ずしもベストとは言い切れぬ状況が見過ごせず、時を同じくして一気に市場を拡大させ続けているのがレンタルサービスなる業種です。旧来の無条件に「メーカー新品蔵出し品だから良い」的な価値観に対し、中古品を再調整から、自社独自の保証やアフターケアを添えてエンドユーザーに「貸す」というスタイルで供給するこのビジネスは、今日圧倒的な支持を集めています。現在新たな事業所もしくは店舗の立ち上げを計画中であれば、必要不可欠なOA機器の調達ルートとして、然るべき専門業者経由でのレンタルという選択肢も視野に入れ、慎重に検討される作業が欠かせません。続いては、サービル利用に際して取り上げています。続いてこちらも参考にしてみてください。

《参照サイト》レンタルコピー機_OAランド

OA機器の賢い活用法

新たに店舗や事業所を構えるとなれば、各業種に必要となる各OA機器を取り揃える作業が欠かせません。各メーカーが市場に供給する数多くの製品の中から、中長期的に必要かつ市場や取引先のニーズに十分対応可能なラインアップを的確に見極める作業は、当然簡単ではありません。まして消耗品では無い、自事業活動の要となる高額先行投資となる以上、誤判断は許されず、単純にお買い得感だけに飛びついて、俄に先行投資を抑えられたメリットだけに視線を奪われてしまっては、時に取り返しがつきません。

OA機器更に物凄いスピードで変化と進化を続ける経済社会に於いて、調達直後こそベストだったOA機器が、その後いわゆる型遅れとなり、取引先やエンドユーザーのニーズに対応し切れなくなるリスクも想定されます。更には自組織の業務内容の変化など、常にその時々にフィットしたラインアップを、よりスリムに取り揃えておかねばならないのもOA機器です。こうした現時点から中長期的な展望を視野に入れた場合、必ずしも全てを買い揃えてしまう選択肢が、必ずしも正解とは言えないケースが否定出来ません。

こうした世の中全体の動きに応えるべく登場したのが、リースサービスという業種であり、今日OA機器市場に於いても、確実に利用者を増やし続けています。とりわけ全ての店舗や事業所に不可欠なコピー機のレンタルサービスに対する注目度は高く、活用のメリットが見過ごせません。実際にリース機を調達する準備段階からの継続的な活用をシミュレーションする事で、具体的にどのような利点が実感できるのか、それらの検証作業を皆様とご一緒に進めてみたいと思います。

レンタルのメリット